大阪で葬儀に関する全てのことは…




 

 

焼香の作法

 

線香でのお参り

  1. 一礼して霊前に進みます。
  2. 右手で線香を一本とり、ロウソクで火をつけます。
  3. 左手で線香をあおぎ、火を消します。
  4. 一本ずつ香炉に入れます。
臨済宗 長いまま一本を立てます。
真言宗 離して三本を立てます。
浄土真宗
白蓮正宗
祈って横にします。

※宗派によって作法が異なります。

 

焼香でのお参り

  1. 一礼して霊前に進みます。
  2. 右手の親指と人差し指・中指で香をつまみます。
  3. 左手を受けるように添えながら、おしいただくようなかたちで捧げます。
  4. 香炉に、静かに入れます。
  5. 合掌してからさがります。

※焼香の作法は、宗教によって異なります。

※葬儀の進行状態により司会者から一回焼香を、お願いする場合もあります。

※焼香の回数は次の通りです。


臨済宗 回数にこだわらない 香を額に裁いて焼香
真言宗 通常三回
日蓮宗 通常三回
浄土宗 通常三回
曹洞宗 回数にこだわらない
天台宗 回数にこだわらない
浄土真宗・本願寺派(西) 通常一回 香を裁かないで焼香
浄土真宗・大谷派(東) 通常二回

 

玉串奉奠の作法(玉串奉奠の作法[神式])

 

神式では玉串奉奠を行います

仏式の焼香にあたるのが、玉串奉奠です。
玉串を霊前に捧げる順番は、仏式と同じく、喪主から血縁の濃い順位です。
参列者が多い場合は、礼拝だけの場合もあります。

玉串奉奠の手順
  1. 祭壇に進んで、神官の前で一礼をします。
  2. 玉串の枝の根元を右に、枝先を左にして受け取ります。
    左手で枝の下から捧げるように持ちます。
  3. 神官にもう一度礼をし、祭壇前にある、玉串奉奠台の前二〜三歩のところまで進みます。
  4. 玉串を軽く目の高さまで捧げ右回りで回転させます。
  5. 正面を向いたまま少しさがって二礼し、音を立てずに二回拍手(しのび手)一礼します。再び神官に向かって一礼し、霊前から下がります。

※神式の各宗派により作法が異なります。

 

献花の作法(献花の作法[キリスト教式・無宗教葬式])

 

キリスト教式では、献花をおこないます

キリスト教式では、カトリックプロテスタントとも献花をおこないます。

献花には、一般的に、小ぶりの菊かカーネーションが使われます。
納棺にあたるものは、納棺式です。
通夜にあたるものは、前夜式です。
告別式はなく、葬送式だけです。

葬送式には一般の会葬者も最初から参列します。

献花の手順
  1. 順番が来たら、祭壇に向かって遺族に会釈します。
  2. 礼をし、花を両手で受け取ります。
  3. 献花台に進んで一礼し、茎の部分が霊前に向くようにします。
  4. 手を持ちかえ、そっと献花台に置きます。
  5. 手を組み合わせて頭をやや下げ黙祷をします。
  6. 献花の後、カトリック信者は十字を切る場合もありますが、信者でない場合は、黙祷か最敬礼でもよいとされています。

※最近では、キリスト教式でも焼香がおこなわれるようになってきました。

 

 
お近くの葬儀社をインターネットで検索
葬儀の一般知識(喪主)
葬儀のマナー(弔問・会葬者)
葬儀便利帳

葬儀に関する疑問にお答えします

 

 

葬儀に関する全てのことは安心してお任せください!!
大阪葬祭事業協同組合(経済産業大臣認可 全日本葬祭業協同組合連合会加盟 大阪府知事認可 大阪府指定商第409号)
〒540-0005 大阪府大阪市中央区上町1-26-9 TEL:06-6768-0042(平日 9:00〜17:00)
Copyright (c) 大阪葬祭事業協同組合 All rights Reserved.